悪徳業者にあってしまったら


とにかく慎重に消費者金融を探すことが大事ではありますが、それでも悪徳業者から融資を受けてしまったら、大変なことになってしまいます。
どういうことが予想されるかというと、まずは違法な利息を請求されるということが考えられます。
とてもじゃないけれど、貸し切れないというほどの利息を払えとしつこく言われてしまうでしょう。
利息だけを返すのが精いっぱいだという人もたくさんいるんです。

テレビなどで見たことがある人もいるとは思いますが、しつこくかなり威圧した口調で返済しろと脅され続けることになるでしょう。
そんな方は我慢しないで、弁護士に相談してみませんか。
弁護士に相談するとお金がかかるって思われるかもしれませんが、悪徳業者に払い続ける金額と比べたら全然大したことはありませんから、早めに相談してみてください。
弁護士が悪徳業者に連絡をするだけでも相手の態度が変わることがよくあるとか。
また、警察へ通報するのもいいでしょう。
脅されたりしている場合は、脅された証拠を提示すれば脅迫罪などに問うことができます。
証拠をちゃんと残しておくことが重要なんです。

弁護士や警察へ連絡する前に、消費生活センターへ相談するという方法もあります。
消費生活センターへ相談してみて、そのあと、自分がどういう行動を取るべきかを考える目安になるでしょう。

また、全国には貸金業協会というものがありますので、自分が住んでいる地域の貸金業協会へ連絡してみてください。
悪徳業者は、協会から排除されるからです。
悪徳業者にあってしまった場合の対処法をいくつか紹介しました。
もちろん、悪徳業者にあわないために事前に確認することが一番大事なことです。
万が一、悪徳業者に引っかかってしまった場合は、これらの方法がありますので、必ず自分ひとりで抱え込まないようにしてください。
相談すれば、悪徳業者から逃れられますし、払いすぎたお金もかえってくるでしょう。
悪徳業者に言いくるめられるのは本当にやめましょう。