入院や治療費を払えた


消費者金融には本当に助けられました。
自分はまだ若いから、病気になんてならないという勝手な思い込みがありました。
これは私に限らず、若い人に多い誤解だと思います。
若いからといって絶対に病気にならないというわけではありません。
ですがただ若いというだけで変な自信を持っていたのです。
なので保険料がもったいないから生命保険にも加入せず、お金はあればあるだけ使っていたのです。
社会人になってアルバイトをしていた時よりも収入が大幅に増え、自分が自由に使える金額が増えたというのも、自分の金銭感覚を麻痺させたのかもしれません。
そんなある日、体調が優れずに会社を早退しました。
次の日も休んだのですが、一向に良くなりません。
むしろどんどん体調は悪くなっていて、とても辛い状況でした。
なんとか病院に行って検査をしてもらうと、病名を宣告されて入院や手術が必要だと言われたのです。
治療すれば治る、そう言われてホッとしましたが、次の瞬間私の脳裏によぎったのはお金のことでした。
今の自分にはほとんど貯金がない、しかも保険に加入していない、それなのにどうやって入院費や治療費を払えばいいのかかなり悩みました。
そんな時に心配してきてくれた友人が、「消費者金融を利用すれば大丈夫だよ」、と言ってくれたのです。
「利用する目的が決められていないから、入院費や治療費にだって使えるし、生活費にだって使えるよ」と教えてくれて、自分は無事にお金を用意することができました。
しかも結構な金額だったのに、すぐに審査をして銀行に振り込んでくれたので本当に良かったです。
消費者金融はどんな時でも簡単に申し込むことができ、そして迅速な対応でお金を融資してくれます。
そういった点に私は実際に救われましたし、お金の大切さも学ぶことができました。
これからまた何かあったら利用したいと思います。
みなさんも治療費や入院費用で困ったら、利用してみてください。
毎月の返済額も少なかったので、仕事復帰して無理なく返済できました。